「地球の茶室」について

 

地球の茶室とは、ソーシャルブランディングプロデューサー・安田ひと絵が手掛けるライフケアブランドです。

ブランドの理念はSDGs・ESG・CSR、Japan再生、地域創生、社会福祉にあり、人の生き方、働き方改革をはじめ、環境・社会課題を預かり解決へ導くことを命題としています。茶の精神環境を全事業に取り入れた先進的ブランドで、古の日本に存在してきた普遍的モラル、メンタルへ原点回帰しながら「日本人も忘れていた日本語のメンタル」をテーマにJapan再生を訴求します。

地球の茶室プロジェクトとは、人材育成、空間環境デザイン、空き家プロデュース、茶飯事業、出版、メディア事業など幅広い分野で社会貢献を目指す当プロジェクトの総称です。

 

ブランドオーナー紹介

 
 
 

安田 ひと絵 - HITOE YASUDA -

○地球の茶室CEO
○ソーシャルブランディングプロデューサー
○CIマーケティングプロデューサー
○LIFE Care Brand茶 ブランドCEOプロデューサ
○「禅茶BAR JAPAN ACADEMY」統括・オーナー講師

美術大学でグラフィックデザインを専攻。卒業後クリスチャン・ディオールに入社。後にブランディングプロデューサーとして渡仏、帰国後は株式会社アシダジュンに入社。日本を代表する皇室デザイナー故・芦田淳の元、経営企画室ライセンスビジネス部門統括・マーケティングディレクターを務める。独立後はアートディレクション、商品開発・ブランディング監修にとどまらず、経営セミナー、人材育成、更にはCSR/SDGs/ESGを理念としたソーシャルプロデュースなど多方面にて活躍。

「日本語と日本茶を心の効き茶」とする本質と革新に新ニッポンLIFE CAREを「地球の茶室」からおくるマインドフルネスは、社会課題ソリューションプロデュースの礎となる。茶の精神環境をジャパンメンタルの本質に取り入れ、ライフケアと経済文化、経営哲学への機動力と対応能力を実態化し、ビジネスに取り入れたオピニオンリーダー的存在として国内トップクラスの経営者層から支持・厚い信頼を得ている。ビジネスパーソンのブランディングをはじめ、企業からのCSRに準じた課題等の依頼を受けて人材育成講座も多数行い、個々の立場、生き方指南としてのアイデンティティーに応じた、ビジョンの確立、経営哲学の講話と支援を行う。手掛けるプロデュースは衣、食、住、知、医、インテリア、環境空間デザインなど多岐に渡る。

【一部実績紹介】

  • 銀座かねまつにおいて、靴店発、スカーフ、傘、コートのショップオリジナルを打ち出し、CIコンセプトプロデュースを手掛ける。
  • ユニマット「カフェラミル」全店におけるオリジナル茶、オードブルになる茶うけなどの開発、演出、店内POP、メニュー、グラフィックアートディレクションから接客指導等含むショッププロデュースを手掛ける。
  • 埼玉森林病院にて「医療にこそもてなしを」の理念を提示し、リノベーションにその環境デザインの理念の具現化。空間設計から病院カタログへのアートディレクション、人材育成まで総合プロデュースを行う。

 
 
 

地球の茶室
事業内容

コンセプト

 

 

SDGs・CSR

地域創生

 

社会福祉

 
 
 
 

事業概要

人材育成講座

地球の茶室 「人育成講座」

安田ひと絵が取り組んできた「地球の茶室・人財育成」。それは人材を人格と呼び「日本人も忘れていた日本語のメンタル」を心への茶うけとしたライフケア講座です。マインドフルネスが実は、古から茶室に息づいていたと着目する安田が、ホテル・医療・教育・ビジネスシーンの企業文化まで取り入れてきた「ケアする茶室環境」は、暮らすように仕事するワーケーションのニューノーマル。
「地球の茶室・人財育成」は――マナーからケアへ―― 「人の癒力が上がれば地球の治癒力が上がる」という安田ひと絵の経営哲学の革新となっている。他とは一線を画す人材育成をぜひご体感ください。

環境空間デザイン

「空間をデザインするのではなく、環境をデザインする」

この理念の元、安田ひと絵はこれまで病院や大手住宅メーカーなど様々な企業から依頼を受けて環境空間コンセプトデザインを手掛けてきました。茶室環境のマインドフルネスをワーケーション空間に取り入れ、ライフスタイルそのものを提案します。
オフィスなどのワーケーション空間はもちろんのこと、住宅モデルルーム、介護施設、クリニック、教育施設、社会問題となっている空き家など様々なジャンルへの展開を予定しています。

地球の茶室 プロダクト

ワタシ達は日本語と日本茶の学び舎で、心の渇きをうるおす手あての教材から生まれました

安田ひと絵の人財育成には、お茶環境及びお茶を使った茶飯の開発、プロデュースした「茶手、お茶だし」と呼ばれるLIFE CAREカルテが欠かせない存在です。
人財育成の要素に「脳代謝を促す言葉の効き茶」として茶のみ話の効用を取り入れた先駆者であり、その教材から生まれた心のおやつ「茶手、お茶だし」プロダクトは、時間をかけずに心をかけるセルフケア40秒のカルテコレクションとして、ビジネスシーンからワーケーション、出張、旅行までニーズが高く、近日皆様へお届けできるよう準備中ですのでご期待ください。

COOMING SOON

 

COOMING SOON

 

COOMING SOON

 

 
 
 

お知らせ